トップページ > イベント情報

イベント情報

平成31年2月22日(金)

第11回みなとオアシス会議が開催されました。

平成31年2月22日(金)、愛知県知多市勤労文化会館にて、第11回みなとオアシス会議が開催されました。

平成30年11月12日(月)

JXTGエネルギー(株)根岸製油所視察研修報。

平成30年11月12日(水)、JXTGエネルギー(株)根岸製油所(神奈川県横浜市磯子区)を視察しました。

平成30年10月15日(月)

平成30年度 大井川港総合防災訓練を実施しました。

自衛消防隊と振興会応援隊、志太消防本部、市防災部の参加による通報・救護・消火・交通規制訓練など、実践的な訓練と、緊急連絡網による情報伝達訓練を行いました。

平成30年7月15日(日)

焼津市・大井川町合併10周年記念 第18回踊夏祭(おどらっかさい)が開催されました。

平成30年7月15日(日)、焼津市大井川港特設会場で踊夏祭が開催され、市内外から2万8千人を超える来場者でにぎわいました。大井川港振興会もPRブースにてPRを行いました。

平成30年1月16日(水)

第10回みなとオアシス会議を開催しました

平成30年1月16日(水)、静岡市清水区において「第10回みなとオアシス会議」が開催されました。

平成30年1月23日(火)~24日(水)

視察研修報告

大井川港振興会会員の防災意識と港湾振興の知識の向上に資することを目的に川崎マリエンを視察し、今後の大井川港の振興や会員の事業活動に活かすため研修事業を実施しました。

平成29年12月15日(金)

平成29年度 第2回港湾清掃を実施しました。

平成29年12月15日(金)、会員・事務局51名が参加し、第2回港湾清掃を実施しました。

平成29年9月27日(水)

平成29年度 大井川港総合防災訓練を実施しました。

大井川港振興会会員の防災意識の高揚と資機材操作の熟知を目的に、平成29年9月27日(水)伊藤忠エネクス(株)大井川ターミナル構内にて総合防災訓練を実施しました。

平成29年2月8日(水)~9日(木)

視察研修報告

今後の大井川港の振興や会員の事業活動に活かすため研修事業を実施しました。

平成28年12月16日(金)

平成28年度 第2回港湾清掃を実施しました

平成28年12月16日(金)、会員・事務局47名が参加し、第2回港湾清掃を実施しました。

平成28年10月1日(土)~2日(日)

第9回みなとオアシスSea級グルメ全国大会inがまごおりに出展しました

10月1日(土)~2日(日)愛知県蒲郡市竹島埠頭にて、『みなとオアシスSea級グルメ全国大会inがまごおり』が開催されました。

平成28年9月28日(水)

平成28年度 大井川港総合防災訓練を実施しました

大井川港振興会会員の防災意識の高揚と資機材操作の熟知を目的に、平成28年9月28日(水)出光興産㈱大井川油槽所荷役施設にて総合防災訓練を実施しました。

平成27年12月18日(金)

平成27年度 第2回港湾清掃を実施しました

平成27年12月18日(金)、会員・事務局45名が参加し、港湾清掃を実施しました。

平成27年11月20日(金)

平成27年度 視察研修事業を実施しました

平成27年11月20日(金)、会員・自治会長など16名が参加し、防災意識及び港湾振興の知識向上を目的に、沼津港・田子の浦港を視察しました。

平成27年11月5日(木)

大井川港避難訓練を実施しました

大井川港振興会では、会員の防災意識の高揚を図るため、避難場所及び避難経路、避難時間の把握を目的に、避難訓練を平成27年11月5日(木)に実施しました。

平成27年10月6日(火)

平成27年度 大井川港総合防災訓練を実施しました

大井川港振興会会員の防災意識の高揚と資機材操作の熟練を目的に、平成27年10月6日(火)三和化成工業(株)静岡工場構内にて総合防災訓練を実施しました。

平成26年11月7日(金)

大井川港開港50周年を祝う

大井川港の「開港50周年記念式典」が平成26年11月7日(金)、大井川港港湾会館で開催されました。

平成26年9月28日(日)

第27回大井川港釣り大会が開催されました。

大井川釣具商組合や日本釣振興会県支部などの主催により、平成26年9月28日(日)に大井川港で釣り大会が開かれ、家族連れなど約400人が釣果を競いました。

平成26年7月20日(日)

大井川港開港50周年記念事業を開催

平成26年7月20日(日)に夏の舞踏イベント「第14回踊夏祭(おどらっかさい)」が大井川港特設会場で開かれました。

平成25年12月6日(金)

待望の津波避難タワーが完成、津波避難訓練を実施しました。

焼津市では人命第一との考えから沿岸部の高い建物が少ない地域から順次、津波避難タワーの建設を進めています。